スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村真梨花女流初段、島井を圧倒――女流最強戦

■大和証券杯
昨日の大和証券杯は、中村真梨花女流初段と島井女流初段の対決でした。
戦型はおおかたの予想通り相振り。
序盤、島井がポイントをあげたようなので、いい勝負になるかと思ったのですが…やはり中村の圧勝でした。

下図は島井が△1六歩と先制攻撃を仕掛けたところ。
中村vs島井

▲1六同歩、△1七歩、▲同香、△1三桂、▲1五歩、△2五桂、▲1六香で、一見受かっているように見えますが、そこで△3七桂成!という手が成立するようです。
こんな筋は知らなかったので、覚えておこうと思います。
しかし、中村はそんな手には乗らないよと、冷静な対応を見せました。詳しくは本譜参照。

その後中村は6筋から反撃し、勝勢を築きます。
ところが、最後までわからないのがネット将棋の怖いところ。
中村vs島井2

上図で、後手の歩切れを見ると、誰もが▲6九香と打ちたくなりますが、実戦は▲6九金!
痛恨のクリックミス!
解説の千葉五段によると中村はネット将棋には不慣れということでした。金と香は駒台ではすぐ近くにあるんですよね~
観戦している私たちも驚きましたが、本人がどれほど焦ったかは想像に難くありません。一手パス+金駒1枚損ですから。
それでも、局面自体は中村勝勢にかわりなかったようで、最後は勝ちきりましたが、焦っても間違わないマリカの精神力に感心しました。
やっぱり将来大物になるかもしれませんね。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。