スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐、中井に辛勝して決勝進出――女流最強戦

■大和証券杯
昨日の大和証券杯は、中井女流六段と甲斐女流二段の対戦でした。

先手の甲斐が四間飛車に構えたのに対し、後手の中井は左美濃から四枚美濃へと組み替えます。
図は、早速甲斐が仕掛けたところ。
中井vs甲斐その1

私は天守閣美濃にいい思い出がなく、最近はまったく指していなので、定跡をほとんど知らないのですが、こういう分かりやすい仕掛けも十分成立しているのですね。
実戦は、▲4五歩に対して、△同歩、▲2五歩、△同歩、▲同桂と進みました。
そこで、一見当然と思われる△4四銀とかわす手は、▲4五銀!△同銀、▲4六歩があるとのことです。
実戦は、後手は3三の銀を逃げずに、△5三角と自重したため、戦いは一時的に収まりました。

その後、中井が先手の角頭を攻め、龍をつくって優位になります。
下図は終盤。中井優勢だと思われます。
中井vs甲斐その2

先手玉はかなり危険ですが、▲6四角のチャンスが回ってくれば逆転です。
ここで後手は△3七金とぶち込みましたが、▲3七同金、△同桂成、▲同角、△5七角成に、▲4八金と受けられたのちは、うまく先手玉に迫ることができませんでした。
図では、単に△5七桂成だとどうだったのでしょうか。なにか決め手があるような局面なんですがね。
最後は、甲斐の寄せがすこし疑問だったようですが、中井の時間切れで幕切れとなりました。
解説では、まだ紛れがある局面ということでしたが、渡辺明ブログによると、大勢は決していた ということです。

甲斐女流二段はマイナビ女子オープンでも、5番勝負進出と絶好調ですね。
もしかしたら、大和証券杯も同じカードになるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 囲碁・将棋・チェス - ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。