スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生二冠、木村と佐藤(和)を撃破し、4強入り――朝日杯

■朝日杯将棋オープン
月曜日の朝日杯将棋オープンは、羽生二冠が木村八段と佐藤和俊五段を破り、ベスト4進出を決めました。

羽生-木村戦は、後手の羽生が一手損角換りで臨みましたが、なんと羽生は意表の早繰り銀!
羽生vs木村その1

後手番で、しかも一手損しているのに先攻とは、いかにも無理筋ですが、羽生が指すと馬鹿にはできない。
しかし、ここから木村は、▲6五歩、△7六歩、▲同銀、△7三銀に、▲7七角!と、いかにも味のよい角打ちで、以下戦いを有利に進めます。
その後、木村は角筋を生かした攻めを展開しますが、羽生も頑強に受けて下図へ。
羽生vs木村その2

先後とも、もう受けがきかない恐ろしい形。私のレベルではどっちが勝っているのかまったく分かりません。
▲3三歩成が普通に見えますが、△4九馬、▲同玉、△3七桂から先手玉が詰んでしまいます。
実戦は、▲2二金としましたが、以下△同飛、▲同角成、△4一玉で、後手が勝ちになったようです。

観戦記者のコメントによると、木村八段は秒に読まれて指した場面が何度かあったようですが、もしかしたらそのあたりで失着があったのかもしません。
勝った羽生二冠は、夕方からの佐藤和俊五段との対局にも勝ち、1000勝達成からもどんどん勝ちまくりです。
スポンサーサイト

テーマ : 囲碁・将棋・チェス - ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【将棋】第1回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント2回戦・阿久津六段vs阿部八段戦

JUGEMテーマ:学問・学校 第1回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント2回戦。 阿久津六段vs阿部八段戦は、阿久津六段の勝ち。 後手・阿久津六段のゴキゲン中飛車で進み、飛車交換後は一気の寄せであった。 これでベスト4が出揃った。 準決勝の組み合わせは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。