スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸山準決勝進出、久保は阿久津に惨敗――朝日杯将棋オープン

■朝日杯
17日に行われた朝日杯は、開始時刻を勘違いして、午前の対局を見逃してしまいましたorz

関東は丸山九段が鈴木八段、杉本七段に連勝し、ベスト4一番乗りです。
関西は久保八段と阿久津六段の対戦が行われましたが、阿久津がまさかの遅刻!
阿久津対局開始前から敗勢かと思われましたが、対局開始13分後に飛び込んできました。持ち時間40分なので、まだ27分あります。

下図は序盤。
久保vs阿久津

後手は9筋をつめていますが、その分駒組みが遅れています。
その隙を突いて、阿久津は棒銀一直線。
以下、▲3五歩、△7二銀、▲3八飛、△2二角、▲1五銀!、△3三角、▲2四歩、△同歩となり、下図。
久保vs阿久津その2

ここで、▲3四歩、△4二角、▲2六銀!と進んでみると、なんと次の▲3五銀を防ぐ適当な受けがありません。

棒銀というと一直線なイメージがありますが、今局の阿久津六段の差し回しや、ひふみんの昔の寄付を並べてみると、銀が押したり引いたりする微妙な駆け引きこそが、棒銀戦法の真髄だということがよく分かります。

この後は、阿久津が巧妙な差し回しで、優位を拡大し、久保は投了するしかありませんでした。
スポンサーサイト

テーマ : 囲碁・将棋・チェス - ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。