スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生、久保に制勝――NHK杯

■NHK杯
昨日のNHK杯は、王将戦の前哨戦ともいえる、羽生二冠と久保八段の対戦でした。
久保のゴキゲン中飛車に対し、羽生は超急戦も辞さずの踏み込み(下図)。
羽生vs久保その1

ここで、△5六歩と突くと、超急戦型に突入します。
私は居飛車を持って何度かこの超急戦を指したことがありますが、居飛車有利だと考えています。
実戦は、△5六歩ではなく、△3二金と穏やかな進行になりました。

互いに玉を囲いあってから、羽生が仕掛けて下図。
羽生vs久保その2

先手は△8六歩を防がねばなりません。
▲2一桂成は、△8八角成と角をさばかれてしまうので、論外。
ここは▲7五銀と辛抱するのかと思っていましたが、実戦は▲7五歩!と強気に押します。
以下、△8六歩、▲7四歩、△8七歩成、▲同金、△7四銀、▲7三歩となり、後手玉は寄り筋に入ることに。
最後は、羽生が久保玉を超手数の即詰みに討ち取り、羽生がトーナメントの駒を進めました。

今局の内容を見ると、久保八段、王将戦は苦しそうですねえ。
久保八段は実力者であるものの、羽生とは極端に相性が悪いようです。
そして運の悪いことに、久保八段が挑戦権を獲得するタイトルは、ことごとく羽生が相手だったり。
久保八段には申し訳ないのですが、今度の王将戦7番勝負は4-1で羽生防衛と予想しておきます。
スポンサーサイト

テーマ : 囲碁・将棋・チェス - ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【将棋】第66期A級順位戦6回戦・羽生二冠vs久保八段戦の回顧

JUGEMテーマ:学問・学校 毎日新聞朝刊の将棋欄。 一昨日から第66期A級順位戦6回戦・羽生二冠vs久保八段戦が掲載されている。 先手の羽生二冠がゴキゲン中飛車の超急戦を制し、通算1000勝を達成した対局である。 敗因は、後手・久保八段の△5三香であるように...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。