スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤(和)、堀口を破り進撃続く――朝日杯本戦

■朝日杯将棋オープン
今日から朝日杯本戦が開幕し、堀口七段と佐藤和俊五段が対戦しました。

先手の佐藤は中飛車に構え、後手の堀口が居飛穴を狙ったところに先制攻撃を仕掛けました。
対する、堀口は受けから反撃に出ます。大駒が飛び交う中盤を経て落ち着いた局面は、少し後手優勢になったかにも見えました。
下図は駒の損得はありませんが、もはや終盤。
堀口vs佐藤和その1

後手は攻めが細いものの、金銀四枚の城砦で、馬も好位置です。
一方、先手は駒がバラバラで、玉にはすきま風が吹いてます。
しかしここから佐藤は強靭な受けをみせます。▲3八銀、△8七歩成、▲同飛成、△4七歩、▲同銀、△4四香、▲4八歩、△3五歩、▲3八銀打と、ひたすら受け、受け、受け!

この後も、佐藤は受け続けますが、堀口も細い攻めで食らいつき、下図へ。
堀口vs佐藤和その2

先手が金取りを受ける手が難しい。▲5八金と寄ると、△4九銀以下寄りです。
先手大ピンチに見えましたが、ここから佐藤は▲8七角!、△5二飛、▲4一銀!
対して△8二飛と竜を取ると、▲3二銀成、△同玉、▲4四桂以下詰み。
しょうがないので、△3一香としましたが、▲5二銀成と先手で飛車取って、佐藤勝勢に。
正確な受けと、一瞬のチャンスを捉える切れ味で、佐藤が勝利を手にしました。

佐藤五段、今年は本当に絶好調ですね。どこまで行けるか楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 囲碁・将棋・チェス - ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。