スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久保、単独トップで挑戦権獲得!――王将戦リーグ

■王将戦
久保八段が挑戦初名乗り「王将戦」羽生王将と七番勝負

昨日は王将戦挑戦者決定リーグの最終日で、3局の同時中継が行われました。
4勝1敗で、もっとも成績の良かった久保八段は、深浦王位との対戦です。

久保は先手ゴキゲン中飛車に組み、深浦は居飛穴を目指します。
図は、先手の角道が止まったのを見て、後手が穴熊を見せたところ。
久保vs深浦その1

ここで、久保が▲4五歩と仕掛けて、戦いが始まりました。
この後、激しい展開が続き、深浦玉は相当薄くなりましたが、形勢はわずかに後手に傾いたようです。
下図はクライマックス。
久保vs深浦その2

後手玉がピンチのように見えますが、4四や2四にきわどく抜けている感じ。
しかし、実戦は△7七と(?)、▲6六飛、△同金、▲4五銀以下寄り。
どうも△7七とでは、△7六ととして、先手の飛車切りに△同とを用意しておかなければならなかったようです。
ただ、このような読み抜けは深浦王位らしくないので、もしかしたらなにか別の考えがあったのかもしれませんね。

なにはともあれ、久保八段、鬼リーグを制しての挑戦おめでとうございます。
羽生二冠から見事王将を奪取し、王座戦の雪辱を晴らせるでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 囲碁・将棋・チェス - ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。