スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリカ、大金星で初戦突破――マイナビ女子オープン

■マイナビ女子オープン
今日のマイナビ女子オープンは、清水女流二冠と中村真梨花女流初段の対戦でした。
中村は若手有望株で、今期の成績は抜群です。
清水相手にどこまで戦えるか楽しみでしたが、すばらしい指し回しで勝利をものにしました。

先手の中村はやはり四間飛車を選択し、後手の清水は四枚美濃を目指しました。
序盤から小さな衝突があり、下図はすでに前例のないであろう局面。
中村vs清水その1

ここからマリカは、▲6四歩、△同歩、▲2五歩、△同歩から、▲6五歩と合わせ、以下△同歩、▲同飛、△6四歩、▲2五飛と飛車を大転回させます。
天守閣美濃の弱点の玉頭を攻め立てようという大胆な発想で、驚きました。

その後、中村は休まず攻め続け、下図。
中村vs清水その2

私は、この局面は△5五桂の感触がよく、居飛車優勢だとみていました。
局後の感想では、清水もこの桂打ちで一手勝ちを意識したようです。
しかし、中村はこの後の▲4四銀、△同角、▲4五金で手ごたえを感じていたとのこと。

実際、どうやらここでは後手優勢とは言い切れないようで、もしかしたら先手有望だったりして。
いやはや、将棋は奥が深すぎます…

実戦はこの後、清水が予定変更せざるを得ない局面となり、最後は中村がきれいにしめくくりました。

それにしても1回戦で、中井だけでなく清水さえも若手に敗れてしまうとは。
女流棋界に新しい波が押し寄せているように思えます。(とか言って、斎田が優勝したりして(^^;)
スポンサーサイト

テーマ : 囲碁・将棋・チェス - ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。