スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自戦記

■将棋倶楽部24
社の友人から24に登録したとのメールがあったので、触発されてネット将棋を指しました。
結果は1勝1敗で、4点だけ上がりました。

1局目は、いつかは戦わなくてはいけないからと、思い切って二段の方に挑戦。
相矢倉になり、フルボッコにされました(つд;)
相変わらず米長流急戦を目指したのですが、思い通りに組めず、先手ながら苦しい形に。
下図は開戦直後の局面。
自戦記2

この局面はすでに先手苦しいかもしれません。
ここでは、▲4六角か▲7六歩と打つのが良かったと思います。
実戦は▲3五歩と突いたため、△6四角、▲5五歩、△7七歩と、飛車道が通ったまま猛攻をかけられ、先手陣は崩壊しました。

2戦目は、挑戦を受けた初段の方と。
私が先手で、初手▲7六歩に△8四歩。また矢倉かorz
どうも矢倉は自信がないので、▲2六歩と角換わりに誘導したら、意外にも横歩取りになりました。ラッキー!
下図は、作戦勝ちの私が先に攻めて、桂得した局面。
自戦記3

次に▲6二角成と角を成り込めれば、先手勝勢です。
ここで△5三歩を予想していましたが、実戦は△4六歩、▲同銀、△4五歩、▲6二角成となり、勝ち切りました。
△5三歩とされたらどうしようかと思っていました。今でもどう指せばよいか分からないです。

さて、どうも矢倉戦の勝率が悪いので、今日は本屋に行って、高橋九段著『最新矢倉戦法』を買いました。
早速、本屋の近くの喫茶店で読み進めましたが、細かい変化も分かりやすく書かれていて、好感触です。
矢倉を指しこなせるようになれば、二段への道も見えてきそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 囲碁・将棋・チェス - ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。