スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐女流二段、貞升を降し、2回戦進出――マイナビ女子オープン

■マイナビ女子オープン
今日のマイナビ女子オープンは、甲斐女流二段と貞升女流1級の対戦でした。
甲斐圧勝と予想していましたが、貞升が健闘を見せ、白熱の戦いが繰り広げられました。

先手甲斐の四間飛車に対し、後手貞升は4五歩急戦を見せます。
それを見て甲斐は、NHKの渡辺竜王の講座でも推奨されていたように、▲5六銀から玉頭銀を狙いました。
序盤は振り飛車が指せそうでしたが、繊細な折衝が続き、中盤は貞升が少し優勢になったように思えます。
下図は、中盤の勝負どころ。
甲斐vs貞升

後手が桂馬を取り返した局面。
先手玉は堅そうですが、後手から△8五香や△7四桂、△2四桂、△4六桂など、さまざまな攻撃手段があって、先手忙しい。
実戦はここから、▲6五歩!、△7四桂、▲4六桂!と、先手すばらしい底力!
△4五銀には▲3七桂がピッタリです。駒は取られる瞬間が一番働いているとはまさにこのこと。

さらに甲斐は、その後も好手を連発し、勝利をもぎ取りました。
甲斐は2回戦では里見とぶつかりますが、これも好局が期待できそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 囲碁・将棋・チェス - ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。