スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢内、上田に往復ビンタ――女流最強戦

■大和証券杯
昨日の大和証券杯は、矢内女流名人と上田女流初段の対戦でした。
この二人はつい先日初手合いを終えたばかりです。
今局も前局と同様、矢内は左美濃、上田は四間飛車穴熊という戦型になりました。

図は中盤戦の入り口。
矢内vs上田その1

この局面、後手は離れ駒が多く、角の働きもよくありません。対する先手陣はよくまとまっており、先手面白い形勢でしょう。
ここから、上田は△5五歩。▲5五同歩ならば、△同飛、▲5六歩に△8五飛(または△3五飛)を狙ったのでしょうか。
対して矢内は▲6五歩と力強く反発し、上田は△7五歩の好手で応じます。
その後、矢内優勢ながらも難しい局面が続いて下図へ。
矢内vs上田その2

解説の西尾明五段は△5五飛を推奨していましたが、上田は△5五角。
▲4六歩!で先手優勢になりましたが、直後△6六歩、▲同銀(?)、△4六角、▲3六飛、△1九角成と進み、後手有望になりました。
さかのぼって▲6六同銀では、▲7七金寄か▲6八金引で、後手の攻めが続かなかったと思われます。

形勢は混沌となりましたが、直後上田に悪手が出てしまい、その後難しい局面もありましたが、どうも矢内勝ちのように思います。

上田女流初段は、局後の感想戦では陽気に振舞っていましたが、やはり悔しいでしょうね。
この悔しさをバネに、今後がんばってもらいたいです。

女流最強戦、毎週満員で盛況ですね。
熱い対局内容、的確な解説、陽気な局後の感想戦など、今局は充実した時間を味わえました。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。