スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木八段、森内名人に逆転勝ち――NHK杯

■NHK杯
昨日のNHK杯は、森内名人と鈴木八段の対戦でした。
後手の鈴木は、十八番のゴキゲン中飛車。対する森内は、なんと糸谷流右玉を採用!
森内名人は前にもNHK杯で右玉を指したことがあるので、あまり驚きは大きくありませんでしたが、糸谷流は私の得意の戦法でもあるので、興味津々の戦型になりました。

下図は序盤、森内が▲7七桂と、左桂を跳ねたところ。
森内vs鈴木その1

この局面は▲2九飛と飛車を下段に引いていないので、すでに△9五歩からの大決戦があります。
振り返って、▲7七桂では、▲8六角などとすると安心だったのですが、手が遅れてしまいます。
実戦は後手が自重して△4四歩としました。
局後の感想では、△9五歩とすると、▲9五同歩、△同香、▲2九飛、△9七香成、▲同香とする手順が予想されるようです。
次に▲9八香(▲9九飛もある?)などとされると、後手は端が破られてしまいますので、後手はこの変化を嫌ったと思われます。
この手順で先手有望であるのならば、挑発的で面白いですね。私も採用してみたいです。

その後、動き回った後手に対して、持ち味の正確な受けを発揮した森内が優勢になりました。
下図は後手の端歩突きに乗じて、先手が角交換をした局面。
森内vs鈴木その2

この局面はわずかながら先手が指せると思います。
ここで森内は、▲6四歩!、△同飛、▲7五角としましたが、△4四飛とされると、ぴったりした手がなかったようで、結果的にうまくいきませんでした。
さかのぼって、図の局面では、▲9五歩や▲2二角などとじっくり攻めてどうだったでしょうか。
最後は鈴木が森内玉を長手数の詰みに討ち取りました。

前期準優勝の森内名人はここで消えました。
それにしても鈴木は前局もそうでしたが、終盤の読みが鋭いですね。
次局も切れ味の鋭い将棋を見せてくれると思います。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

糸谷流/糸谷流

糸谷流について悩みを解決するには、まずは糸谷流についての正しい知識が必要です。そこで、糸谷流についての情報を集めました! 糸谷流について調べて、糸谷流に関する悩みを解決しちゃいましょう! 糸谷流 関連のアイテム 円 円 円 円 円 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。