スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤底力で逆転V――竜王戦第5局

■竜王戦
受けの勝負手連発、佐藤が逆転勝利…竜王戦第5局
昨日の竜王戦はすごかったですねえ。
どちらが勝ったかなと、家に着いたら、まだ対局が続いていて、しかも形勢が逆転!
最高棋戦にふさわしい面白い一局です。

戦型は相矢倉から、なんと相穴熊に。
下図は、先手が▲2四歩の突き捨てを入れた局面。
竜王戦第5局その1

ここから、佐藤は▲9六歩と玉頭から仕掛けます。
この仕掛けは後手から攻めが続きそうなので、代わる手がないとしたら、すでに先手面白くない局面に思えました。
案の定、渡辺は自陣無傷のまま攻め続け、優位を築きます。
下図は、先手が△5九角打ちを受けた局面。
竜王戦第5局その2

ここで、△3七角成とするのでは後手大変なのは私も分かったので、△9四歩かなと思っていましたが、実戦は△8五銀の鬼手!
この後、▲8四竜、△9七歩に、一見危険な▲8七玉が好手だったようです。さかのぼって、△9七歩は疑問で、単に△8六銀が良かったとの検討。
その後も渡辺に微妙な疑問手が出て、形勢は不明に。
下図は、佐藤が入玉を達成できるかという難解な局面。
竜王戦第5局その3

ここで放った△8七歩が、局後の感想戦では敗着とされているようです。渡辺竜王になにか読みぬけがあった模様。
その後、佐藤は入玉し、勝利を収めました。

今局は佐藤の底力を見たような気がします。
果敢な決断力と正確な読みといった佐藤の魅力が存分に現れた一局だったと思います。

佐藤二冠が勝って何よりも嬉しいのは、竜王戦番勝負を続けて観戦できることです。
第6局が今から楽しみです。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。