スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢内、上田を降し、まずは1回戦突破――マイナビ女子オープン

■マイナビ女子オープン
今日のマイナビ女子オープンは、矢内女流名人vs上田女流初段でした。

上田女流初段
矢内女流名人に対し、上田は中終盤まで互角の戦いをみせましたが、やはり矢内のほうが一枚上手だったようです。
それにしても白熱の将棋で、見ごたえのある内容でした。
左は上田初美女流初段(週刊将棋の切り抜きです)

上田の四間飛車に対し、矢内は得意の左美濃で迎えうちます。
そして、穴熊に入った上田に対し、矢内は米長玉から銀冠へ。
下図は、上田が3八に銀をひいて玉を固めたところ。
上田vs矢内1

ここで、矢内は△8六歩、▲同歩、△5七歩と手筋の歩の垂らし。対して、▲同金は△4五桂でしびれます。
ここでは、▲4八金と力強く受ける手があったようですが、実戦は▲4七銀と受けました。
この辺りの善悪は私の棋力ではよく分からないのですが、この後の展開を見ると、もしかしたら▲4七銀は疑問だったのかもしれません。

その後、矢内は飛車の成り込みに成功して優勢を築きます。
下図は、上田が底歩でスカラを唱えた局面。
上田vs矢内2

ここで、矢内は△2六歩、▲同歩、△6六角と、攻防に利かせて、優勢を拡大しました。
上田もその後、▲3八飛から攻めをうかがいましたが、どうも足りないように思います。

矢内さん、やはり優勝候補ですね。これからもすばらしい将棋期待しています。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。